FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-01

サーフィンを教えてくれた人とセックス。

 その日、真子は朝の4時からサーフィンに出かけた。誰もいないビーチで、気兼ねなく波にのる。真子の腕前はまだまだで、ボードの上に立つのがやっとだ。何度も何度も失敗しては、再び波に挑んでいた。

「そうじゃないんだよな」

 いつやってきたのか、ひとりの男がビーチに立っていた。肌が真っ黒にやけて筋肉質の男で、笑顔がわざとらしいほどに爽やかだった。あーだこーだと、サーフィンのアドバイスを話してくる。

「はぁ…」
「とりあえず、俺の言うとおりにやってみな」

 男に言われたポイントに気をつけ、再びボードに乗る。すると、確かにさっきまでより無駄な力がはいらなかった。この人のアドバイスは的確だ、と真子は思った。それから男にいろいろ教わり、1時間ほど経って休憩することにした。ビーチにはまだ、2人の他に誰もいない。

「ところで、名前なんて言うの?」
「真子です。お兄さんは?」
「俺は太一」

 疲れでぐったりしていると、太一はマッサージしてくれると言った。真子は砂の上にうつぶせになる。太ももの裏に太一はまたがり、背中を揉み始めた。

「あぁ、気持ちいい…」

 身体の芯からほぐされる気がした。あまりの心地良さに、真子は睡魔に襲われる。寝たら失礼かな、とも思ったが、いつの間にか眠りに落ちていた。

 気が付いたときには、激しく感じていた。太一に女陰をまさぐられていたのだ。

「あぁんっ、だめっ」
「あ、気付いた?」
「何してるんですか? あぁんっ」

 突然、太一が指の動きを止めた。

「ほんとにやめてほしい?」
「…」
「ほんとは感じてるんでしょ」
「…はい」

 太一は無言で、真子のウェットスーツを脱がせた。真子は顔を真っ赤にし、辺りをうかがうが誰もいない。太一もウェットスーツを脱ぎ始める。

「誰か着たらまずいよぉ」
「分かってる。だから、早くやっちゃおう」

 真子を仰向けにし、太一はペニスを挿入してきた。奥まではいってきた瞬間、真子は身体をくねらせた。衝撃的なまでの快感に、大声で喘ぐ。

「あぁぁんっ」
「真子ちゃん、どんどん声出してね」

 太一の腰の振りは力強かった。打ち付けるように、亀頭が膣の奥に当たる。そのたびに、真子の意識は遠のいた。

「すごいっ、あぁん、すごいっ」

 ガツンガツンと、ペニスが打ち込まれる。真子は足の指に力をいれ、身体を小刻みに震わせた。

「いくぅ、いくぅっ」

 真子は絶頂を迎えた。それからもしばらく、太一は腰を振り続けた。そして最終的には、大量の精子を真子の白い太ももに放った。濃くて粘りの強い体液だった。

2009-07-13

バレー部の合宿で…

 智香は大学のバレー部の合宿に参加していた。大学1年のゴールデンウィークのことだ。男女の部員が参加し、合計で30人ほどが合宿所に泊まりこんでいた。

 4日目の夜。全員で集まって打ち上げを兼ねた飲み会をした。翌日は練習もなく帰宅するだけだったから、大広間に皆で円になって座り、コンビニで買ってきた大量の酒を飲んだ。1年の智香は先輩たちから酒をつがれ、かつてないほどのアルコールを摂取した。

 乾杯から2時間ほど経過すると、雰囲気は最高潮に盛り上がった。男子の部長が立ち上がり、大声で言った。

「毎年恒例のアレを、そろそろやるかー」

 すると、上級生たちは皆、「やろー」と口々に言った。女子の先輩たちはキャッキャッ言いながら、恥ずかしそうな表情を浮かべている。

「じゃあ、まずは1年生の女子は前に出てきて」

 部長に促され、智香たちは円の中心に進み出る。戸惑った顔をしていると、「じゃんけんして。それで負けた人は…」と部長は説明をはじめた。負けたら一気飲みでもさせられるのだろうと、智香は思った。だが、部長の口から続けて出た言葉は意外なものだった。

「負けた人は、セックスをしてもらいます」

 智香は驚いて目を見開いた。「え、誰と?」と無意識に口にしていた。

「この後に4年の男がじゃんけんするから、それで勝った人と」

 そんなバカな…と智香は思った。「そんなことできるわけない」と言いたかったが、周囲で楽しそうに見守る先輩たちの手前、そんなことは言えない。酔っていなければ言って逃げ出していたかもしれないが、酔った頭では冷静な判断ができず、場の雰囲気に流された。どうせ負けないだろうとも思った。

「出さなきゃ負けよー、最初はグー、じゃんけん、ポン」

 部長がそう音頭を取ると、5人の1年生の女子部員は慌てて手を出した。智香はグーを出し、他の4人はパーだった。

「はい、智香ちゃんに決定!」

 ワーワーと皆が騒いだ。じゃんけんに勝った4人は安堵の表情を浮かべている。智香はただ呆然とすることしかできなかった。

「じゃあ、4年の男子出てこい」

 4人の男子が円の中心に出てきて、じゃんけんを始めるポーズをとる。混乱した頭で智香は、部長が勝つことをうっすらと願っていた。もちろんこんな形でエッチしたくはないが、部長のことを智香は好きだった。

「じゃんけん、ポン」

 今回も一回で勝負が決まった。勝ったのは部長だった。



 5分後。部長は智香が着ているTシャツを脱がせた。周りでは全部員が、息をのんで見守って言る。ブラジャーもとられ、小ぶりの乳房が露わになると、智香は顔を赤らめてうつむいた。

「俺も脱ぐよ」

 部長もTシャツを脱ぐ。引き締まった筋肉質の身体で、智香を抱きしめた。そしてキスをし、胸をやさしく揉み始める。

「んっ」

 舌を絡ませ合っていた智香は、乳首をいじられた瞬間、声を発した。こんな状況で感じている自分が信じられなかった。

「智香ちゃん、感じてるね」
 
 見物している先輩が、小さな声で言っているのが聞こえてくる。恥ずかしさの極みまで達したが、逆にそれが淫慾を高めていた。

 部長が乳首に吸いつき、同時にパンティの中に手を入れてきた。淫汁で濡れたビラビラを、指で刺激してくる。

「あん…あぁ、あぁんっ!」

 大声で喘いだ途端、智香の羞恥心は弾け飛んだ。それからは、ひたすら喘いだ。部員たちからはどよめきが起こる。

「すごい、智香ちゃん、びしょ濡れだよ」

 そう喜びながら、部長は女陰の内部をかき回す。クチュクチュクチュと音が漏れる。右手で智香の性器を愛撫しながら、左手でトランクスを脱ぐ。

「俺の舐めて」

 目の前に、勃起した黒い肉棒を差し出された。智香は目をつむり、思いきり口を開いてそれを咥えた。そして、激しく顔を上下させる。

「う…」

 部長が呻く。舌と唇を巧みに使い、継続的に智香は快感を与えていった。

「気持ち良すぎる。だめだ、もういれさせて」

 智香はペニスから顔を離す。どこからかコンドームが投げ込まれ、部長はそれを装着する。そして息を荒げて智香を押し倒し、ゆっくりと肉棒を女陰に押し込んだ。

「はぁんっ!」

 智香は足の指に力を込め、目を強く閉じた。快感のあまり、顔はくしゃくしゃになる。

「すげー、智香ちゃんのおまんこ、締まるよ」

 腰を振りながら、部長は言った。そして、智香の唇に自分の唇を重ねる。

「んぐっ、んぐっ」

 キスをしながらも、智香は喘いだ。押し寄せてくる快感の波は強まる一方で、とどまることはなかった。唇を重ね合わせながら、智香は絶頂に達した。全身が震える。

「智香ちゃん、いっちゃたんだ。じゃっ、俺もっ」

 膣の中でペニスが痙攣した。それが治まると、智香は目をうっすら開け、周囲を見渡した。誰もがにやけた顔になり、自分の方を見ていた。 
PRPRPR
ランキングランキングランキング
応援よろしくお願いします。
プロフィールプロフィールプロフィール

官能小説家

Author:官能小説家
日々、官能的なストーリを考える妄想人。東京在住。

カテゴリカテゴリカテゴリ
最新記事最新記事最新記事
メールメールメール
おすすめおすすめおすすめ
PRPRPR

アルバイト情報アルバイト情報アルバイト情報





<%plugin_first_title>ご注意<%plugin_first_title>
当ブログはアダルトコンテンツを多く含みます。18未満の方の閲覧は固くお断りいたします。
<%plugin_first_title>PR<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>アクセスランキング<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
【官能小説】
禁断の果実
リアル官能小説
人妻官能小説 蕩蕩
愛と官能の美学
萌木ケイの官能小説
官能小説.com
かくも残酷な日々
女性のための官能小説
美菜子の物語
淫乱OLの秘密遊びⅡ
官能文書わーるど
他人に抱かれる妻
淫声
つれづれなる羞恥小説
官能小説セレクション
18's Summer
月夜桃花の物語
Mikiko's Room
女たちの性書
人妻の為の官能小説
R30官能小説
いじめ文学専用サイト

【告白・体験談】
ひとみの内緒話
痴漢フィンガープレス
エッチな告白体験談ブログ
大人のえっちな体験談
禁断の体験告白
Hな体験談.com
人妻たちの秘められた性欲
女性のH体験告白集
男と女のエッチの秘密
エッチないたずら大全集
ひとりエッチ倶楽部
人妻さとみの秘密の告白
寝取られ話ファイル
近親相姦家族

【画像・動画】
フェラチオ君と手コキ君
エロ画像まみれⅡ
自慰倶楽部

【アダルト情報】
究極のオナニー方法
飽きないセックスを極める
エロネタよろず淫報
女の子のしくみ
気持ちいいオナニーをしよう♪

【日記】
恵美の裏ブログ
ご主人様は調教師
美里のオナニー日記

【ランキングサイト】
官能小説人気ランキング
ぴあすねっとNAVI
桃色ナビゲーター
大人のブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】
エログ満載Erogger!
アダルトトレイン
アダルト検索 アダルトなび2
カウントダウン☆アダルト
01アダルト・ネット
ジャンル別アダルトナビゲーター
アダルト検索一発サーチ
読み物探し処
Adult Novels Search

【リンク集】
正しいH小説の薦め
官能小説集
そして賢者タイムへ…
官能小説・物語専門
Web官能小説
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>

Powered by FC2 Blog

出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。